こんばんは。

『宇宙兄弟』の最新刊、33巻を読んだのでその感想でも。

pop_spacebrothers
33巻は……

六太たちジョーカーズは、様々なトラブルに見舞われながらもシャロン月面望遠鏡の建設を続けていました。

が、活発になった太陽の活動の影響で、急遽帰還の指令が届きます。今地球に戻らなければ、しばらく安全に戻れる状況にならないという情報から、NASAが帰還の判断を下したわけです。

望遠鏡建設はギリギリ終えられるはずでしたが、更にトラブルが重なり……


という感じです。

月面生活を楽しみながらミッションをこなしている六太ですが、かなりの疲労が蓄積しているようです。そんななかで、更なる試練を課せられているので、ちょっと心配です。

33巻は次なる展開への準備段階といった感じでした。
次巻が楽しみです。


では、またお会いしましょう。



人気ブログランキング